2015/11/20

平成27年度 第25回全国女性建築士連絡協議会のご報告(1)

9月に行って来ました「全建女」の報告をさせて戴きます。
報告は、全部載せれなかったので次回もお楽しみに!!

『C分科会:歴史的建造物と建物再生』参加者:大森尚子、浦山真美

全建女には参加したい分科会を第二希望まで書いて申込みます、前回は第一希望が叶わなかった私ですが、今回は希望通りのC分科会へ大森さんと参加してきました。
コメンテーターは岩手県建築士会の阿部えみ子さんです。
取り壊される事が決定していた校舎を、「保存」と「活用」を両立させながらNPO法人を立ち上げ、活動を続けている事例の発表でした。
昭和26年に建てられた岩手県一関市の達古袋(たっこたい)小学校は長さ119mの木造平屋建の長い校舎で、
背景の山と赤い屋根のコントラストがとても素敵な建物です。
2013年の廃校と共に半分を改修、半分を解体という市の決定を見事に覆し、
今は市からの無償譲渡というかたちでNPO「一関のなかなか遺産を考える会」を設立され活動されているというお話でした。
とても快活に話され、聞いていて元気をもらいました。
後半の意見交換会での、この校舎を『登録文化財にする気はなくて、地域のものにしたい』という言葉が、
古い建物の保存の為にまず登録文化財、と思っていた私にはとても興味深く感じました。
登録されなくても建物は残っていくんだと再認識しました。
この校舎のように、アサガオでいっぱいにする活動をしたり、長い廊下で雑巾掛け競争をしたり、地域の人達に自由に使われ大切にされてゆく事が「保存・活用」なのだと思います。
岩手県は遠いですがこの達古袋小学校を見に行きたいですね。 (文/浦山)

みけじょ通信2015-11-1
みけじょ通信2015-11-2 みけじょ通信2015-11-3
一日目:パネルディスカッションの様子         今回は4名で参加です
スポンサーサイト
2015/11/02

法改正講座 & 「国道について」ワークショップのお誘い

みけじょ通信2015-11-4

落葉の季節となって参りましたが、皆様お変わりなくお過ごしのことと思います。 

12月5日に開催します勉強会のお誘いです。





法改正講座 & 「国道について」ワークショップ

今年度改正された建築基準法及び、2020年に向けての省エネ基準の義務化についてお話して頂きます。
それと、「魅力ある国道42号線のあり方の検討」についてワークショップを行います。
皆様、多数のご参加待ってマス!!

●日時:平成27年12月5日(土)   PM 1:30 ~ 5:00

●場所:松阪カリヨンビル 3F 松阪市市民活動センター 小3会議室
    松阪市日野町788 カリヨンプラザ3F
http://www.city.matsusaka.mie.jp/www/contents/1000600031000/index.html

●第1部:法改正講座          講師:今岡 三香さん
     PM1:30~PM3:30     (日本ERI株式会社)

●第2部:ワークショップ「魅力ある国道42号線のあり方の検討」
     PM3:30~PM5:00
     紀勢自動車道の開通により、沿線地域の豊富な観光資源や地域の魅力を活用し、高速道路か     
      ら降りる動機付けや仕組など、魅力ある国道42号線のあり方について検討します。

●対象者:会員・一般(男性会員、ご家族、ご友人)

●申し込み締め切り:12月 2日(水)

●申込み先:(一社)三重県建築士会事務局 FAX:059-225-4281
・参加講座 (□ 法改正講座 □ ワークショップ)
・所属支部名
・連絡先
・氏名
・当日連絡先(携帯番号)
を明記の上、三重県建築士会事務局までFAXよろしくお願いします。


         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。