FC2ブログ
2018/10/17

夏休みLIXIL講座「世界を変えるトイレとは?」に行ってきました。

毎月自然災害の話になりますが、北海道で震度7の地震がありました。今まで映画の世界かと思っていたブラックアウトが現実に起こって、電気が使えない不自由さは生活が便利になればなる程、切実な問題になりますね?被害を受けられました皆さまには、謹んでお見舞い申しあげます。

さて、今回は8月3日に「世界を変えるトイレとはI?」と題した“夏休みLIXIL講座(子ども向け)”のご報告です。男の子2人、女の子2人と大人8人に集まって頂きました。

(株)LIXILの阿部様、田中様にイラストや質問も混ぜて解りやすく説明して頂きました。
自由研究の題材にすると熱心に聞いて頂いた僕は宿題完成したでしょうか?

事前にメーリングリストにはメールさせて頂きましたが、月初めに「みけじょ通信」が届いて、3日目に開催でしたので、気付いた時には終わっていたと言う方もみえたかも知れません。
開催日と案内の日程は、もう少し検討して決める様に致します。
                               (女性委員長 中東 恵)

image002_20181010092402c32.jpg

御存知の方もあるかも知れませんが、大人向け資料の一部を掲載します。
推定24億人。これは、安全で衛生的なトイレを利用できずに生活している人びとの数で、現在の世界人口の実に3分の 1に相当します。そして、 このうち約9 億5千万人が屋外で排泄しなければならない生活を送っています。また、不衛生な水や劣悪な衛生環境による下痢性疾患で、毎日約800人の5歳未満の乳幼児が命を落としているのです。

さらに、学校における衛生的なトイレの不足は、女子児童が通学をあきらめざるを得ない大きな要因となっており、教育の機会を奪い、貧困を招くという負の連鎖を生み出しています 。
女性にとって屋外での排泄は、人間の「尊厳」に関わる問題だけではありません。そのために自宅や学校から離れた人目につかぬ場所を深さねばならず、移動の途中で嫌がらせや暴行を受ける危険とも隣り合わせなのです。                                 
さらに女子児童は、学校に生理用ナプキンを処分する場所がないため月経中は授業を欠席せざるを得ません。このようなトイレの不足による危機的状況は世界各地で続いておリ、成長や発展の妨げとなっています。・・・・・・・・・

ご興味のある方は「みんなにトイレをプロジェクト」で検索してみて下さい。

image001_20181010092400496.jpg
image003_20181010092403c74.jpg

コメント

非公開コメント