2018/03/15

職人さん工房めぐりに行ってきました。

今月のみけじょ通信は1月に開催しました「職人さん工房めぐり」のご報告です。
とても楽しく、参加できなかった方は残念!というくらい、良い見学会&勉強会となりました。
また企画してみたい事業となりましたので、今度は是非ご参加ください。

AM10時~
松木左官さんの工房「蒼築舎」さんの見学です。
土壁の伝統技術を継承していきたい、という思いで日本国内に留まらず、海外でもワークショップを行ってみえます。     
場所をご自宅がある作業所へ移動し、タデラクト(※1)で仕上げてあるトイレの壁や、道具の鏝、ポータブルかまど「コヘッツイ」なども見せて頂きました。お話の内容も面白く、松木さんの土壁への熱い思いがとても伝わってきました。
(※1)モロッコの伝統左官技法で、石で磨くことにより大理石のような仕上がりになります。
■蒼築舎■ 四日市楠町五味塚1430-6
image012_20180305181512c98.jpg


PM13時~
美味しいランチをいただきました~♪
■和旬 縁■ 菰野町潤田1232-1
image011.jpg
image009_201803051815072f0.jpg

PM14時~
菰野にオープンしたばかりの家具屋さんに立ち寄りました。ここは地元材、とくに広葉樹を使った家具・生活道具を扱っているお店です。
店舗は古民家を改修し、その時に屋根裏から出てきた土を壁材として使われたそうです。その土地ならではのモノを使いたいという女性オーナーのこだわりが、とても素敵でした。
■森と人の環■菰野町宿野56-1
image010_20180305181509bae.jpg

PM15時~
黒田さんの工房「指勘建具
工芸」で、まずは組子体験
として鍋敷きを作りました。これがとても楽しくて!
つぎに黒田さんのご自宅にて建具作品をみせて頂きました。全国建具展やミラノ万博へ出品されたものなど、それはもう芸術品のように、本当にすばらしいのです。
伊勢志摩サミットで首脳に贈られた組子細工が施された文箱など、組子の技術をより多くの人に知って貰いたいという思いで建具以外の物も手掛けてみえます。子供向けの木工体験のほか、まちかど博物館としても会館しています。
(第3土曜日※要予約)
image007_201803051815066a8.jpg
2016年伊勢志摩サミット文箱  吉祥文様「輪つなぎ」
■指勘建具工芸■菰野町小島1537-1
image006_201803051815045ef.jpg


今回の「職人さん工房めぐり」は、本当にすばらしい伝統技術に触れた一日でした。
これらの建築技術を少しでも建物に活かせる仕事が出来ればいいなと心から思います。
協力して下さる職人さんのもと、これからも続けてみたい事業となりました。
女性が大勢で押しかけても、快く解説していただける職人さんの情報をお寄せ下さい。






コメント

非公開コメント